2008年03月08日

大極

パーラー求人・転職


無限にして有限なもの(大極)が有限化して、

一つの形態を取ったものが人間だという。

個々の人間存在の背後に、儒教でいう大極、

キリスト教でいう神を見ているのだ。

通俗的な儒教から大きく隔てたものを求め、

自己を研磨し、限りなく天に近づこうとすることは、

有限化された自分をその大本である無限(大極・神)に

限りなく一致させることだ。

こう意識し精進するとき、

人間はもはや肉体に限定された小さな存在ではなく、

無限の可能性を秘めた神のような存在となる。




[PR]http://www.p-netbanking.jp

"人気ブログをランキング"で検索



posted by magazinn55 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。