2008年01月08日

シラー

パーラー求人・転職



ゲーテと並び、ドイツ精神の原点とされる十八世紀末の

古典主義時代の詩人・劇作家フリードリヒ・フォン・シラーが

統一後、静かなブームとなり、

旧ドイツのマイニンゲンにあるシラー記念館が

文学愛好者らの新巡礼地としてにわかに脚光を

浴びている。

ドイツでは、危機状況に直面するたびに

「ゲーテに帰れ」が合言葉になる。

トーマス・マンも自分に欠落したものをゲーテに求めた。

そのゲーテを支えたシラーが注目されているのは、

社会の圧制や貴族に反対し、

自由を求めた青年期の燃えるような生き方と

作品が若い世代の共感を呼んでいるからだと・・・・




[PR]http://www.p-netbanking.jp


"人気ブログをランキング"で検索



posted by magazinn55 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。