2007年09月24日

本田宗一郎

パーラー求人・転職



本田宗一郎さんは、社員たちから、

親しみをこめて「オヤジ」と呼ばれていたそうである。

本田さんは大企業の経営者だったが、

豪華な社長室に閉じこもって、

書類にハンコを押しているだけの人ではなかった。

工場の現場にでて、社員といっしょになって、

自分から油まみれになって働く人であった。

そして、若いころには、社員たちに容赦なく、拳骨で殴ることもあったという。

また、もう一方では、社員たちに、

「自分がいいと思うことをどんどんやってくれ。

 会社のためや、社長のために働くのだといわずに、自分のためだと思ってやってくれ。」

といったそうである。

本田さんは、また、自分がわからないことを、

「教えてくれよ」と気軽に社員に聞ける人だったという。

知らないことを、「そんなことは知っているよ」と見栄をはる人ではなかったという。




[PR]http://www.p-netbanking.jp



ブログランキング参加者募集!宣伝ブログ大歓迎!



【関連する記事】
posted by magazinn55 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。