2007年07月07日

偶然と必然

パーラー求人・転職


「運」ということを考える。

運は確かに存在し、人間その有様に一喜一憂しているとしても、

あまりにも受動的過ぎておもしろくないというものだ。

何事にも運だというのも考え物だし、

観音様の手の平で駆けずり回る孫悟空も悪くないが、

少し抵抗してみたい、きがする。

何かが運のせいと思っていても、実は偶然などというものでなく、

必然ということだって多いのではないか。

必然とは因果関係から生じるもので、

あることをすれば、

あるいはあることをしなければ、

それは必ず一定の結果を生じせしめるものだという。

運というものは、偶然と必然ということか。



[PR]パチンコ専門スカウト求人モバイル



【関連する記事】
posted by magazinn55 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。