2007年06月20日

自分の意見を通す

パーラー求人・転職



和を以って尊しとする考えは、日本の歴史の中で長い間、

尊重され、守られてきた。

和を乱す者は、異端と言われた。

しかし、歴史上の人物で見ると、

織田信長、大塩平八郎、吉田松陰、などは、

「和を以って」という日本の伝統に従ったのでしょうか。

個人的な見解ですが、今でいう、

野茂秀雄、小泉潤一郎、石原慎太郎、中田英寿、

この方たちは、みんな一匹狼、

自己主張をし、自分の意見を通す。

しかし、責任は自ら取る。

摩擦を怖れない。

さて、みなさんは自分の生き方に置き換えて、

どのように感じますか。




[PR]パチンコ専門スカウト求人モバイル



posted by magazinn55 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。