2007年05月23日

がんばるぞー

パチンコ仕事情報



 

「人生、冷えに耐え、苦に耐え、労に耐え、閑に耐え、以って大事をなすべし」

これは清の哲学者であり政治家でもあったそ曽国藩の言葉である。

四つ目の「閑に耐え」とは、「できない」「どうにもならない」

「じっとしているしかない」という状態の時期のこと。

つまり、人事移動で、いきなり「窓際族」に移動を命是られたようなもの。

「閑」のあとにチャンスが到来すると信じるのです。

徳川家康は閑に耐えた典型人物です。

若き日から、長い時期にわたり今川の支配下に置かれ、不遇の時代を過ごし、

行動の自由の奪われ、何ひとつ自分の意志を通すことができなかった。

そうした生活が結果的に彼に忍耐力を培い、機、チャンスを見る目を養ったのだ。

「閑」というのは、悲しいことや、嬉しいこと、日常おこるすべての出来事を、

孤独という魂の中に閉じ込め、その魂を育てる時期といえるのです。



[PR]
パチンコ専門スカウト求人モバイル



posted by magazinn55 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | いい仕事を生み出す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。