2007年04月24日

水平と垂直

ほとんどの動物を見ると、地面に対して水平に暮らしていることに気づく。

地面に対して垂直になって、つまり立って暮らしているのは、人間だけである。

地面に対して水平にするか、垂直にするか、この差は大きい。

内臓と脳が、どちら側に、垂れ下がるか、病気や生活、発育に大きな差がでる。

二本の足で歩くというのは、なかなか至難の技である。

足の裏にかかる圧力、微妙なバランス、複雑な神経の動きを必要とする。

また、垂直な暮らしで、もっとも大切なものは手である。

「手は外部の脳である。」(カント)

手の機能を発達させ、前足からの歩行からの解放は、

脳の発達を加速させるきっかけとなったのだ。

垂直でよかったと思えば、なにかほっとしませんか!


[PR]http://www.p-netbanking.jp
http://www.p-netbanking.jp/i



posted by magazinn55 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | リストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。