2008年08月10日

プタゴラス

パーラー求人・転職



ソクラテスにとって、

知識の目的は己を知ることであり、

己れを啓発することだった。成果は心のうちにあった。

ソクラテスのライバル、プタゴラスにとって、知識の目的は、何を言うかを知り、

いかに上手に言うかだった。

彼にとって重要なことは、今日のいわゆるイメージだった。

2000年以上の長きにわたって、このプタゴラスの知識の概念が西洋の学問を支配し、

知識を規定した。

中世の三大科目、いわゆる教養科目の基本は、

論理、文法、修辞である。

それらは、なにを言うか、いかに言うのか道具であって、

何をなすか、いかになすかの道具ではなかった。




[PR]http://www.p-netbanking.jp


posted by magazinn55 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。